プロによるアナル拡張クリニック

プロによるアナル拡張クリニック

アナルという器官は調教し拡張していくと男性器も入るしフィストも入るようになる。次第に性感帯へと成長していくのでアナルセックスにハマる女性もいるくらいだ。

しかし普通に生きているだけではアナルというものをウンコの通り道にしか使うことが出来ない。アナルが大好き、アナルセックスをしたいという男とリアルな世界で会う確率はかなり低い。SNSとかで募集を掛ければ大量のアナルマニアが手を上げるのでしょうけど、SNSを使わずに自分のコミュニティでアナル好きを見つけるのは至難の業だ。

もしいたとしてもアナルが好きというのを隠しているでしょうしカミングアウトもしてくれない。性に対してクローズですからね、さらにマニアックなアナルセックスやアナルオナニーというのは歪んだ性癖に見られてしまう。

そうするとアナルでイキたい女性はプロのアナル拡張師にお願いするしか無い。安全に気持ちよくなるにはやはりプロの技を経験するしか無いのだ。

アナル拡張もある意味医療行為みたいですよね。肛門の内側が見えるのってなんだか医学的。女性の直腸の内壁を見られる機会なんて肛門科の先生くらいしかいませんから貴重な映像だ。

指が1本、2本と増えていき肛門を引き裂くかのごとく指で広げる。括約筋をマッサージして柔らかく解すのだ。そうすればアナルビーズなんてのも簡単に吸い込んでいくようになる。

プロによるアナル拡張クリニック

何もしない状態でもアナルがなんとなく開いてしまうようになった。もう突っ込んでほしそうに卑猥に腫れ上がっている。これも好転反応なのでしょうか。痛みに耐えてその向こう側に快楽が待っているのでしょう。処女の女性も最初は痛いんですよ。感じることが当たり前に出来ている女性器ですら最初の挿入では痛みがある。アナルもまた同じ。

プロによるアナル拡張クリニック

前張りしてマンコを封印しバイブをアナルに挿入。腸内を柔らかい疑似ペニスでかき混ぜる。痛みに悶絶して腰をくねらせて引き返そうか迷う女性。それでも自分の肛門を信じてアナルの拡張行為に没頭する。

プロによるアナル拡張クリニック

極太のアナル玩具も入っていく。ズブズブと緩急のクビレで伸び縮みを繰り返しアナルが性感帯へと進化していく。この緩急がない伸びっぱなしだと括約筋が馬鹿になってウンコを垂れ流しになってしまうそうだ。

プロによるアナル拡張クリニック

きれいな女性のアナルってなんでこんなに興奮するんでしょうね。アナル好きじゃない人にとっては臭くて汚いだけのものかもしれないけどアイドルもみんな汚いアナルをもっているんです。この穴を使って排泄行為をしているんです。

アイドルがアナルセックスしている可能性もゼロではないですよね。刺激が強い芸能界ですからセックス依存症になってしまいより刺激を求めるためにアナルセックスに踏み入れてしまう。

切れ痔やいぼ痔には注意していただきたい。有料アダルトの動画を見ていても素人女性がイボ痔だとアナルセックス楽しんでいるんだな・・・と思うようになったよね。人妻とか若妻で出産経験がある女性の場合には出産時にイボ痔になってしまうケースもあるようだけど出産経験の無い女性がイボ痔だと邪推してしまう。それはそれで興奮するんだけどね。